ちくみんぶろぐ ver.2

Love Tennis & Love Frontale♪

ホーム 全記事一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 ホンジュラス相手に5-4ですか・・・。ホンジュラスは後半バテバテでしたが、もし体調万全だったら、きっとやられていたでしょうね。。それでも、得点シーンがたくさん見ることができて面白い試合でした。

 ワタクシ、録画しておいたのを見たのですが、試合終了まで入ってませんでした。。新聞見たら【10分の延長】とありましたが、きちんと試合終了まで放送できる時間を確保しておいて欲しかった。。

 良かった点は、柳沢・高原のFW陣が結果を出したことくらいでしょうか。。これで大黒は再びスーパーサブへ逆戻りですね。。玉田は・・・得点の匂いがないなぁ。。海外遠征で大久保が結果を出したら、いなくなってしまうのでは??
 
 悪かった点は、多すぎて挙げ切れません・・・。その中で一つだけ取り上げると、三都主の守備。4バックが弱い理由は、こいつがいるからでは??と思える今日の内容。先取点は相手FWに完全にやられる、無駄にイエロー取られる、自分のところから攻められようとしているのに、チェックに行かない・・・決勝点のアシストがあったからよかったようなものの。。

 ジーコはなぜ三都主を使い続けるのか??左サイドにいい人材がいないわけでもないのに。。

次回はアウェーでラトビア、ウクライナと2連戦。国内組はオールスターと重なるため、ここでは欧州組が中心になるとのこと。誰が選ばれるのか楽しみです!!

☆情報はランキングで!!
スポンサーサイト
2005/09/07 22:20|オシムジャパンTB:12CM:8
 第一シード・シャラポワが同じロシアのペトロワを倒してベスト4進出を決めました♪♪
 
 これまで圧勝続きで勝ち上がってきたシャラポワでしたが、さすがに準々決勝ともなるとそうは問屋が卸してくれませんでしたf^_^;

 序盤こそ3-0と絶好のスタートを切っていましたが、ペトロワもシャラポワを研究していたのでしょう、ファーストセットの後半から追い上げる展開。結果ファーストは7-5でシャラポワが取りましたが、セカンドはペトロワの勢いが勝り、4-6。

 そしてファイナル。流れを持っていかれながらも、ここで勝負強さを見せ付けたのが彼女が第一シードたる所以といっても過言ではないでしょう♪ペトロワもシャラポワのサービング・フォー・ザ・マッチを凌ぐ抵抗を見せたものの、6-4でシャラポワが取って、2時間半に及ぶ試合を制しました。

次の相手はウインブルドンチャンピオンを倒して勝ち上がってきた、完全復活のキム・クリステルス。これは面白い戦いになりそうですねぇ~去年までだったらTBSで見ることができるのに。。

☆シャラポワの情報はランキングで!!
2005/09/07 20:15|プロテニスTB:2CM:2
日刊スポーツのウェブサイトを見ていたら、【川崎FがMFアラゴネイを獲得】と出ていたので、公式ページをチェックしたら…既に写真付きで掲載されていました。
フッキと同じ18歳のブラジル選手です。
まさか外国人を補強するとは思いもしませんでした…来年へ向けてかも…ということを考えるとフロントはジュニーニョ放出を真剣に考えているのかもしれません。もしくはマルクスと来期の契約を結ばないか…。それとも、手薄な右サイドの補強か・・・。
何にせよ、いいチーム作りをして欲しいものです♪

☆ランキング応援お願いします♪

2005/09/07 13:01|フロンターレTB:2CM:4
平日は帰ってくるのが23時~24時の日々が続いております。カラダを動かすのは通勤時間くらい。あとはほとんどPCを前に格闘しております。
なので、家に帰ってから寝るだけだと太ってしまいますf^_^;
かといって、寝る前に激しい筋トレをすると寝れなくなってしまって、翌日に疲れが残ってしまう…というわけで下半身を意識してフォーム確認に努めています。
これが結構効きます…普段のプレーでどれだけ下半身を使っていないかがよく分かります。
特にサーブ。これまで両足の踵をつけてタメを作っていましたが、プロの写真を見るとそんな選手は一人もいませんよね…今更ながら気付いた自分が悲しいのですが、今からでは遅くないと思い、踵を浮かしたタメに挑戦。
これが辛い。今まで使っていなかった筋肉に負担がかかっているようで、静止ができない(>_<)ぶっとい足のほとんどが脂肪だということを改めて実感(ノ゜O゜)ノ
毎日続けて、コート上で無意識に曲がるようになるまで実践したいと思います。
2005/09/07 09:00|モブログTB:0CM:0
 男子は4人がベスト8に、女子はベスト8が出揃いましたね!!
 会社で結果を見られないし、更新もできないので、いまさら何を・・・と思われる方もいらっしゃるでしょうけど。。^_^;

 男子の注目は、なんといってもブレーク。
 四大大会でのベスト8入りは自身初。
 彼はハーバード大を中退して、プロに転向したので、デビューは遅かったです。その異色選手は、ヘッドバンドに、袖無しのシャツがトレードマークとなっています。「ここまで非常にいいテニスができている」と話す通りに好調で、全仏オープン王者のナダル(スペイン)を3回戦で破りました!!
 彼にとって昨年は悲劇の年だったそうです。確かに去年は全然名前を聞かなかったと思ったら、練習中に首を痛めて戦列を離れた5月に、父親を病気で亡くし、さらにストレスから、ある朝に目覚めると顔の左半分がまひしていたそうです。。それだけでなく、聴覚や視覚までおかしくなったいたそうです。完治に1年半はかかるとされたのが、奇跡的に昨年末までに回復させた。
 この経験が彼を変えたようです。「このまま健康でいられるとは限らない。できるだけのことをする。試合でも精神的にタフになった。技術よりもそれが一番の変化」とコメントを残しています。
 リハビリ中に大好きなテニスができない辛い思いをしたのでしょう。多分、二度とテニスはできないのではないか・・・と自暴自棄になりそうな時もあったと思います。テニスができることに喜び、幸せを感じている・・・試合中負けることなんて決して頭に浮かんでいないんでしょうね。
 元々実力のある選手ですから、ある種悟りに入った精神状態の彼が強いのも納得がいきます。
 その彼の準々決勝の相手は35歳、20年連続出場の先輩アガシ!!彼が尊敬してやまないプレーヤーだそうです。アガシも同様にどん底を見て復活してきた選手。この対決は全米中を虜にする好ゲームになりそうですね♪
☆USOPEN情報はランキングが早いです!!
2005/09/07 00:43|プロテニスTB:1CM:2
Copyright(C) 2006 ちくみんぶろぐ ver.2 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。