ちくみんぶろぐ ver.2

Love Tennis & Love Frontale♪

ホーム 全記事一覧 次ページ >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 Jリーグは中断期間に入り、プレシーズンマッチが始まりました。木曜日にはマリノスがセルティックと対戦するなど、世界の一流チームが日本に来日します。

 今日はレッズがバイエルンを迎えての試合。バイエルンには、ドイツ代表カーンだけでなく、W杯で活躍したシュバインシュタイガーやポドルスキーも所属しています。

 そんなバイエルン相手にレッズが1-0で勝つのですから、レッズの底力は素晴らしいですねぇ。。決めたのが黒部というのがまた渋い^^;

 ふろん太サポであるワタクシにとっては、レッズ勝利どうこうよりも、来年は日本のJクラブ代表としてアジアに進出するチームが、世界のバイエルン相手に結果を残したというところに、来年の期待ができるなぁと思うのです(*^_^*)

☆このブログをランキングで探してみると・・・。
スポンサーサイト
2006/07/31 22:06|サッカーTB:0CM:2
 川崎市テニスリーグ・春の実業団も今日が最後でした。始まりが6月終わりなんだから、春ではなく、夏と名称を変えればいいと毎回思うのですが。。

 リーグ戦は5戦全勝で1位確定。

 ということはともかく。。タイトルについて。

 ワタクシはテニスの際はフロンターレグッズを身に着けております。右手首にビッグフラッグのアレを、ポロシャツは競技場内で購入した蒼黒のもの、水筒はフロンターレタンブラー。

 ただ、そんなことしているのはワタクシくらい(-_-;)川崎市の実業団なのに、フロンターレグッズを身に着けた人を見かけたことないのは、ちょっと寂しい気もします。。

☆低迷のランキング。
2006/07/30 17:20|マイテニスTB:0CM:0
 遠く大分に勝利の念を送りながらモバフロで経過を確認しておりました。結果は10人になった相手を崩せず、無念のドロー。ガンバ・レッズが引き分けと足並みを揃えてくれたので、首位はキープ。でも、その勝ち点差1。その後ろには鹿島が首位に勝ち点3と近づいてきています。

 しかし、今日はスタメン通知のメール文頭にある主審の名前を見た瞬間に、嫌な予感がしました。

 主審:家本政明

 関塚監督退席って、一体どんな状況だったのでしょう…。

 ☆nikkansports.com 首位川崎Fは関塚監督退席でドロー/J1

 VTRを見ていないので、なんとも言えないのですが、次節は今日もイエローをもらって累積4枚となった箕輪とともに、監督もベンチ入りできないんですよね。。

 修羅場月間は終わりましたが、再開後も修羅場は続きますね。。

☆このブログはランキング圏外へ。
2006/07/29 21:49|フロンターレTB:0CM:2
 スポーツサイトを見ていたら、亀田兄弟の記事の中に【葛飾】という言葉がちらほらと出ているので、詳しく読んでみると、なんとなんと亀田家がワタクシの近所であることが判明(^<^)これには驚きました。。

☆nikkansports.com 亀田が王座奪取で50万人パレード実現へ

 亀田が世界王者になって50万人パレードを実現させる。WBA世界ライトフライ級2位の亀田興毅(19=協栄)が世界王座を獲得した場合、自宅のある東京・葛飾区内の大通りでパレードを行うことが28日、分かった。今年6月に誕生した「亀田兄弟・東京葛飾後援会」が計画を進めているもので、世界戦勝利後、所轄の警察署にパレードの申請と周辺警備をお願いする。葛飾区の人口は約44万人だが、日本中から50万人以上の見物人が集結することが予想される。

 すでにパレードの機運は盛り上がっていた。今年6月に発会したばかりの亀田兄弟・東京葛飾後援会の関係者が明言した。「地元から世界王者パレードの声が上がっている。世界奪取すればパレードすることになりますね。パレード開催の絶好の道が区内にあります」。計画ではJR亀有駅前を出発点とし、京成線のお花茶屋駅前にある曳舟川親水公園をゴールとする約1・5キロのストリートが最有力候補。そのまま同公園で歓喜のセレモニーを行う計画もある。

文中にあるストリートは確かにパレード開催には絶好の道だと思うのですが、道自体はそんなに広くありません。記事にあるように50万人が集まるようだと、大パニックになること間違いないと思うのですが、さて。

 と、勝った後のことより、まずは目の前に対戦に集中して欲しいと思います。

☆ランキングでこのブログを探してみる。。
2006/07/29 12:44|雑感TB:0CM:0
 今日・明日と予定が入っていたため、大分遠征は断念。。今日はモバフロで結果を追うしかありません。

 首位ということもあり、各スポーツ紙でもフロンターレを記事にしてくれています。その中で気になった記事は、以下の報知の記事。

 ☆報知新聞サイト 中村FK任せろ!川崎F助っ人不在で白羽

 初の日本代表入りを狙う首位・川崎のMF中村憲剛(25)が28日、大分戦(29日・大分)での直接FKでのゴールに意欲を見せた。東京Vに移籍したマルクス(32)、出場停止でMFマルコン(31)が不在でメーンキッカーとなりそうだが「任されているので意識は強い。決めて勝利に貢献したい」と気持ちを込めた。

 左足から放たれる中村のキックは、壁を越えるとストンと落ちる、日本代表MF中村俊輔(28)ばりの鋭さを誇る。G大阪戦ではバーを直撃し箕輪のゴールを呼ぶなど強力な武器だ。「イニシアチブを取れますね。まだ“水もの”ですけど(シュートは)形になってきてますから」と言う。



 記事にはなっていますけど、まだまだ認知度が低いんだなぁと思わせる記事ですね"^_^"

 さて、マルコンの代わりは誰でしょうか??ユウスケを左に回して、右に井川・飛騨・ヤスか、それとも素直にニシを入れるか…。飛騨かニシのスタメンを期待したいところですが…。。

☆ランキングでこのブログを探す。
2006/07/29 12:11|フロンターレTB:0CM:0
 今日は足立区花火大会が開催されておりました。例年この日は早く帰って見に行くのですが、今年は会議を入れられたため泣く泣く断念…(-_-;)

 帰りの電車では多くの浴衣姿を目撃しました。花火+浴衣の組み合わせを見ると、夏だなぁ~と思うのですが、今年はまだまだ夏が始まっているような気がしません。

 と、とりとめのないことを書いてみる。。
2006/07/27 23:52|雑感TB:0CM:0
 日本女子テニスを引っ張ってきた浅越しのぶがUSOPENを最後に現役を引退することが判明いたしました。

 今年に入り、思うような成績を残せていなかっただけにそんな予感はしていたのですが、彼女の不屈の精神で再びカムバックしてくるものと信じてもおりました。

 30歳。女性としては一つの区切りとなる年齢なんでしょうか。。

 引退を決めた選手に厳しい言葉をかけるのは申し訳ないのですが、一ファンとしてはAIGOPENを花道に引退して欲しいと強く思います。これまで多くの日本のファンからの応援を受け、それを励みにテニスに取り組んで来ていたと思います。彼女のテニスを見るために高い入場料や交通費を払って応援に駆けつけたファンも多いと思います。そのファンに最後の雄姿を見せるのは、プロとしての義務だと思います。

 最後を決めた選手は、精神的にのびのびとプレーができます。USOPENまでにもう一花咲かせる可能性は十分にあると思います!!

☆浅越情報はランキングで。
2006/07/27 07:53|プロテニスTB:0CM:4
観客数0726
今日は熱かった(*^_^*)平日開催でまさか2万人も入るとは思いませんでした!(^^)!首位攻防+チケットばら撒きが功を奏したものと思われます。
 
 試合内容・結果もその観客のほとんどを満足させてくれるものでした。昨年のチャンピオンチーム相手に見事な逆転勝ち。リーグ再開後の【修羅場3】は2勝1敗の勝ち点6を取得し、一旦は2位に落ちたものの、中断前からの首位を守っています。

 折り返しまで残り2節。相手は若い勢い盛んな大分@アウェーときっかけを掴めずに低迷している横浜FM@ホーム。連勝で首位のまま折り返し地点を迎えて欲しいものです!!

 しかし今日はカード出まくったなぁ。。というか、もらいすぎ。無駄な抗議や無駄な挑発するところは改善の余地がたくさんあると思います。マルコンにいつ出されたか分からないけど、これで次節出場停止。西山が出るか、ユウスケが左に回るか??箕輪・ジュニはリーチに。ジュニの代替はマギヌンやテセや黒津で良いとして、箕輪の代わりって誰になるんでしょう??大久保??

 そして…マギヌンが決勝点を決めたとき、テセが決めたと思ったのは、ワタクシだけでしょうか…??

 【おまけ】茂原の甲府での初ゴール、W杯で見たことあるような凄まじいシュートでした!(^^)!

☆ランキングでこのブログを探す。。
2006/07/26 23:35|フロンターレTB:2CM:0
 最近低迷しているロディックの新しいコーチが発表されました。噂になっていましたが、ジミー・コナーズという往年の名選手がそれです。

 コナーズは初めてのコーチ業とのこと。名プレーヤーとして名を馳せた彼が、低迷しているロディックをどこまで引き上げられるのか…ロディックの戦いに注目が集まることでしょう。

 ジミー・コナーズの戦歴などはこちらから。。

 現役時代を全く知りませんが、戦績は素晴らしいものがありますね。クリス・エバートと婚約していたことも初めて知りました(^^ゞ

 初めてコーチする相手が、世界トッププレーヤー。難しいと思うのですが、さてどうでしょうか。。

☆さらに詳しい情報はランキングで!!
2006/07/26 00:53|プロテニスTB:0CM:2
 予想通り谷口クンがU21の日本代表候補に選ばれました。合宿を行い、選抜された中から18人が8月9日に行われる中国戦のメンバーとして、中国へ渡るそうです。

 J1上位チームの不動のレギュラーとして活躍している彼の実績は、抜けているだけに青いユニフォームを着て先発出場することは確実だと思っています。

 さて、選ばれたことは喜ばしいのですが、まずは明日の首位攻防戦に全てを集中させてあげて欲しい。勝てば首位返り咲きの大事な一戦。フロンターレにとっては、このまま上位から下がるか、それとも踏みとどまるかの分岐点となるでしょう。

 U21選出を祝う勝利を期待します!!

☆ランキングでこのブログを探す。
2006/07/25 23:35|フロンターレTB:0CM:0
 ナビスコカップ準決勝の組み合わせが発表されました。予想通りジェフとの対決。緒戦は9月3日日曜日にホーム等々力で、第2戦は20日(水)にフクアリで。平日フクアリはキツイなぁ。。

 国立でフロンターレの雄姿を見るためにも、とにかくサポートあるのみ!!

☆ランキングへ
2006/07/24 23:02|フロンターレTB:0CM:2
等々力0723
 昨日は赤く染まったアウェー側スタンド。今日はひっそりと寂しさすら漂わせていました。

 今日は競技場側のテニスコートで実業団の試合。新しいラケットを使っての緒戦でしたが、無事にシングル・ダブルスとも連勝を飾ることができました。

 正直、昨日のフロンターレの敗戦でモチベーションが下がっていましたが、いざプレーが始まるとそんなことはおかまいなしでした(#^.^#)

 バックハンドとボレーにミスが目立ったので、来週の練習でみっちりやろうと思います。

 逆に得たことは、フォアを打つときは右足一本で立つくらいの気持ちで軸を作る。

 さて、実業団は来週で終わり。しばらく試合も入れていないので、テニスから離れるかも…。

☆ランキング応援お願いします。
2006/07/23 20:59|マイテニスTB:0CM:0
観客数0722
23000人のうち、満足して帰ったのは半分くらいの人でしょうか。。

 今日は入場から試合開始まで3時間半あったので、メインスタンドなどぶらりと歩いてみました。噂のガンプラも撮影してきました(*^_^*)

☆ランキングで下のほうにいるこのブログを探す。。

 開けてみて下さい(笑)
 ↓


▽続きを読む▽
2006/07/22 23:26|フロンターレTB:0CM:2
 10人相手に完封されたわけですから、完敗ですね…。

 ナビスコのレッズに勝ててもリーグ戦でのレッズにはまだまだ及ばない。素直に負けを認めます。

 坪井一人入るだけで、守りが違いますね…彼はオシムジャパンでも立派にレギュラーとしてやっていくんでしょうねf^_^;小野も達也もうまかった…。個の力に屈しましたね(__)

 負け惜しみを一つ言うなら…もし、ユウスケがいたら。。そう思えるだけユウスケの存在は大きくなっていますね。態度も昨年に比べたら良くなってきていますよね☆

 負けはしましたが、まだ2位ですし、水曜日勝てばまた首位に返り咲きです。

 次節こそ…。

 順位を見てみると、大分が4連勝で上がってきてますね。次節レッズとの対戦。ここも突破するようだと、来週土曜日の大分アウェーは苦戦必至でしょうね。。

☆ランキングへ。
2006/07/22 21:24|フロンターレTB:1CM:0
 ナビスコカップ準々決勝以来となる等々力で行われるフロンターレの試合。リーグ再開後の初ホーム戦となります。相手はその時と同じ浦和レッズチケットは前売り完売。明日の等々力は2万人以上の観客が集まることが予想されます。

 リーグ再開後の3連戦を【修羅場3】と謳っているフロンターレ。緒戦の鹿島は4-2で快勝。その勢いをホームでも見せ付けてくれるはずです。

 レッズは守備が堅い上に、アウェーでもホームの雰囲気を出す強烈なサポーターがおります。彼らもナビスコの敗戦の雪辱をここで果たさんと必死に戦うことでしょう。

 好勝負必至のこのカード。フロンターレはここも通過して、ガンバとの首位攻防戦に臨むはずです♪

 キーマンは我那覇と右サイドに入る選手。長橋か井川かそれとも飛騨か。三都主の裏街道を防ぐためには、井川が妥当か。逆に守りの弱さを突くならスピードのある飛騨でも(^・^)

 なんにせよ楽しみな一戦ですね☆

☆ランキングへ
2006/07/22 02:31|フロンターレTB:0CM:0
 今日は早々と帰ることができたので、ナイター練に参加してきました。先週末に届いたNewラケットの試打を兼ねての練習でした。

 ワタクシはあまりラケットにこだわりを持ちません。なので、人よりラケットを変える頻度は高いかと思います。その度グリップが異なるので、そのグリップに慣れるまで毎回苦労しています。

 今回も例に漏れず、グリップに一苦労。。特にボレーが散々でした。

 日曜日に等々力で試合があるので、そのNewラケットで臨もうと思います。多くのミスをするでしょうが、最終的に勝てれば問題なし。。

 と、かなり甘い考えを持っておりますが、さて結果はいかに・・。

人気blogランキングへ
2006/07/20 23:04|マイテニスTB:0CM:0
得点0719
 アントラーズ相手に、それも鹿島スタジアムで4-2の圧勝。武田社長もピッチ脇から観戦していた修羅場3の緒戦を勝利で飾り、次節ホームでのレッズ戦を迎えることになります。

 逆転された時にはどうなるかと思いましたが、わずか2分後に谷口の見事なミドルシュートがゴール右上に突き刺さる。打った瞬間、正直、ホームランだと思ってしまいました…谷口クンに申し訳ないです。。

 今日一番の見所は、テセのスーパーゴールにテセの涙と言っても過言ではないでしょう。最後のトラメガ、「点が取れたのはサポーターのみんなのおかげです」との一言は、サポーター冥利に尽きる一言でした。

 次節も勢いに乗って倒してしまいたいところです!!続きで写真を2枚ほど。。

☆ランキングへ

▽続きを読む▽
2006/07/19 23:40|フロンターレTB:1CM:4
 極楽山本、吉本との契約解除。なんとも情けないニュースがスポーツ紙の1面を飾っていますね。

 驕れる者はなんとか…と言いますが、芸能人はやっぱりこういうことを平気でやるんだなぁ~と世間に思わせるには充分なインパクトを与えたと思います。

 可哀想なのは、相方の加藤。スーパーサッカーや朝のワイドショーなどの司会だけでなく、ドラマにも活躍の場を広げている矢先の出来事。本人にとっても寝耳に水だったことでしょう。

 加藤の一層の奮闘に期待しているのですが、さてどうでしょうか。。

☆ランキングはこちらから。。
2006/07/19 08:42|芸能TB:0CM:0
 本日のエルゴラは、フロンターレファンにとってはお買い得なものとなっています。

 アントラーズvsフロンターレのマッチプレビューは2面を割いて大特集。月曜日は新加入のマギヌンに焦点が当てられていましたが、今回はケンゴとユウスケ、そしてちょこっと谷口。

 一番印象に残った記事は、シゲのインタビュー。彼の反省、彼を陰から支えていた人たちの暖かさを感じる記事でした。

 フロンターレファンの方は、ぜひ、ピンクの新聞を手に取って見てください☆

☆ランキングはこちらから。
2006/07/19 08:08|フロンターレTB:0CM:0
 フロンターレサポーターはバス8台で、アウェー・鹿島に臨むようです。500人くらいが集結するのでしょうか。単純に500人と言うと非常に多く感じますが、スタジアムでの500人は少ないように見えてしまうんですよねぇ。。

 対する鹿島はゴール裏を真っ赤に染めるのかな??ただ、3ヶ月前のナビスコ杯の際には、平日ということもあったのか、ゴール真裏を染めるに留まっておりました。

 さて、再開幕戦となる明日。どれだけの人が現地で観戦するのでしょうね。ワタクシも現地で大声出してストレス解消に努めて来ます☆

 気になるのは守りの要、寺田周平の離脱。。毎年やってる肉離れ・・・。癖になってしまっているんでしょう。代わりに米山が入ることを激しく期待!!

☆ランキングはこちらから!!
2006/07/18 23:25|フロンターレTB:0CM:0
 おかげさまで10万hitを超えました!!ちびちびと更新を続けてきた成果なのかなぁと思います(-ω-)/

 今後とも変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします(~o~)

☆ランキングはこちらから。。
2006/07/18 18:24|雑感TB:0CM:2
 W杯、オールスターも終了し、いよいよJ1リーグ戦が再開されます。その中心となるのは、我らがフロンターレであると言っても過言ではないでしょう。
 
 首位で再開するフロンターレは、アントラーズ・レッズ・ガンバの三連戦。【修羅場3】と名の打つこの勝負は、今後のリーグ戦の流れを大きく左右することは間違いありません。

 フロンターレは3連勝で、独走態勢に入りたいところ。逆に各チームは、突き放されないためにも必死で勝利を目指してくることでしょう。

 今日のエルゴラはフロンターレで2面以上を使い特集しておりました。ビッグクラブの他3チームより大きく扱ってもらっていることにうれしさを感じずにはいられません。

 マルクスが抜けた影響は未知数ですが、中断前の戦いを見せることができれば、おのずと結果はついてくることでしょう。

 あさってが待ち遠しいです☆

☆ランキングはこちらから。。
2006/07/17 12:18|フロンターレTB:0CM:0
 フェドカップvsオーストリアは日本の5戦全勝で終了しましたね☆これで来年は1部での戦いとなります。日本の過去最高成績は、伊達がグラフに勝ったときのベスト4。来年はこの成績以上を狙っていって欲しいものです。

 ただ、今年の戦いは日本にとって、全てが有利に働いたように思えます。ホームでの開催、格下の対戦相手。終わってみれば、勝って当然の条件が整っておりました。

 日本の実力を試される来年、1年で2部に降格という憂き目に合わないようみんな頑張って欲しいものですね☆

☆フェドカップ情報はランキングでへ!!
 
2006/07/16 23:10|プロテニスTB:1CM:2
 フェドカッププレーオフ初日は、森上・杉山の連勝で早々と王手をかけることに成功。明日ひとつ勝てば、グループⅠ昇格が決まります(って認識合ってるよな。。)

 応援には行けませんが、ぜひとも昇格を決めて欲しいものです!!

☆フェドカップ情報の詳細はランキングで!!
2006/07/16 00:57|プロテニスTB:0CM:0
 本日はフェドカップワールドグループⅡ プレーオフvsオーストリアが有明コロシアムで行われます。この勝負に勝てば、ワールドグループⅠに昇格となります。

 本日シングル2試合、明日シングル2試合+ダブルス1試合の計5試合が行われます。3試合先取したほうが勝利となります。

 カギとなるのは初日。この初日に日本は、杉山・森上で臨みます。前回2勝を挙げた中村藍子ですが、今回は森上の好調さに賭ける作戦のためか外されてしまいましたね。

 国を挙げての団体戦。地元開催という大きな大きなアドバンテージを活かせば、選手・応援が一体となって敵に臨むことができます。

 しかし、、チケット価格に難アリ。大人1枚4000円。高い安いは個人差なのでしょうが、これはあまりにも高すぎると思います。これが半額以下だったら行きたいと思いますが、この価格では・・・。

 相手は格下オーストリア。初日2勝でターンしてもらえると信じています☆

☆フェドカップ情報はランキングで!! 
2006/07/15 00:57|プロテニスTB:1CM:4
 ワールドカップに優勝した余韻もつかの間、不正問題の判決が出ました。

 ユーベ・フィオレンティーナ・ラツィオがセリエBに降格。さらに勝ち点がそれぞれ-20、-10、-5となっています。同じく疑いのかけられていたミランは勝ち点-10ではありますが、セリエAには残留できるそうです。

 各チームはチャンピオンズリーグ・UEFAカップの出場停止。ユーベにいたっては過去2年間の優勝剥奪という処分が下りました。

 セリエC行きもありえると噂があっただけに、今回の処分は優勝の恩赦が含まれていると思います。

 こうなると移籍市場が凄いことになりそうです。日本にも誰か来てくれないものでしょうか。。

☆ランキングはこちらから。。
2006/07/15 00:45|サッカーTB:1CM:0
 徹夜明けの身だったので、定時に上がってナイター練へ行ってきました。カラダは全く動かず、自分の思ったテニスはできませんでしたが、30時間以上ほぼ座りっぱなしの状態から回復できたことが一番の収穫です。

 今日一番驚いたのは、一緒に練習していた方の中に高校の先輩がいらっしゃったことです。5コ上なので、自分は全く気付きませんでした^_^;いやはや、世間は狭いものですね。

☆ランキング応援お願いします!!
2006/07/13 23:01|マイテニスTB:0CM:0
 2年目に課題を与えてやってもらっているのですが・・・。全く件名ができない人で、一人で突き進んではやり直しをくらって、前に進みません。レビューの際に、件名が大事だからと念を押すのですが。。

 問題は向こうというか、こちらにあるのは重々承知しているんですが、この人だけを見ているわけにもいかないし、こちらから時間を取る余裕もない状況・・・。

 結果、報・連・相をできないことを指摘したら、逆ギレされました。。

 この人が遅くまで残るので、ワタクシも残っていますが、全く利用されることなく、気付いたら帰っています。。で、毎晩タクシー。。自分が情けなくなります・・・。。はぁ。後輩(女)の扱いは難しいです。。

 ああ、報告はありますね。文句をグチグチとメールで。メールだと面頭向かうことないし、言いたいこと言えるからスッキリするんでしょうね。ワタクシは当然無視。そんなメールに対応して、返信する暇あるなら帰りますわ。。

 とりとめもない愚痴でした。早く来週の水曜日にならないかなぁ。。

☆ランキング下降中。。
2006/07/12 01:45|雑感TB:0CM:3
 芝での王座は譲らない!!

 フェデラーの熱い思いが見えたナダルとの決勝戦でした

 ファーストセットを6-0で片付けたときには、フェデラーの圧勝かと思いましたが、ナダルも意地をみせます。第2セットはServing for the SETまでいくものの、フェデラーにタイブレを抑えられてセットカウント2-0。第3セットは逆にタイブレを取得し、フェデラーから今大会初のセットを奪う。第4セットで力尽きましたが、そのプレーは、フェデラーさえいなければ世界1位になっていてもおかしくないものでした。芝のコートであれだけ跳ねるボールを打てるのは、まさに日頃の鍛錬の賜物なのでしょう

 男子はまさに2強時代に突入です。両者それぞれ得意コートでのグランドスラムで相手を倒しました。次なる対戦は、、USOPENとなるでしょうか??それとも、ロディックやヒューイットの巻き返しがあるのか!?

 次のグランドスラムが待ち遠しいです

☆試合詳細・解説はランキングで!!
2006/07/10 23:26|プロテニスTB:1CM:2
 1ヶ月に渡る長い戦いはPK戦の末、イタリアが24年ぶりに頂点に立ちました!!イタリアの法則は、PK戦では勝てないジンクスをも吹き飛ばしました!!

 眠い目をこすってご覧になられていた方、非常に多かったと思います。一番衝撃的だったのは、【ジダンの頭突き】と言う方も多いと思います(笑)何があったんでしょうねぇ。。あの頭突きが彼のラストマッチでのラストプレーとなりました。

 今日を以って、全チームが4年後に向けて歩み出します。前回の日韓大会から4年という月日は長いようであっという間でした。南アフリカ大会も同じように感じることでしょう。

 日本は世界との差をまざまざと見せ付けられました。大黒柱はピッチを去り、新たな監督を迎え、4年後を目指します。世界との差を少しでも埋めるためにもJリーグの底上げは必須でしょう。

 ところで、イタリアが優勝の余韻に浸れるのもわずかなんですよね。。ユーベ問題はどのような結論を下されるのでしょうか。優勝よりそちらの話題の方が大きくなると思われます。

☆試合詳細・解説はランキングで!!
2006/07/10 05:59|サッカーTB:0CM:0
Copyright(C) 2006 ちくみんぶろぐ ver.2 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。