ちくみんぶろぐ ver.2

Love Tennis & Love Frontale♪

ホーム 全記事一覧 次ページ >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ボランチコンビ0830
 日本を代表するボランチコンビで、ジェフを撃破しました!!

☆ランキングはこちらから。。

 ケンゴのスーパーシュートで早々に先制するも、ジェフの考えて走るサッカーに押され気味で進んだ36分に一瞬の隙。羽生の中央へのスルーパスがハースに渡って、箕輪を振り切って同点。その位置にいるべきDFがどこにいたのか確認できず。。

 後半、波状攻撃で決定的なチャンスを迎えるものの、得点できず。流れ・雰囲気が重くなった中、パスミスから巻に決定的なボールが渡って失点した…と思ったらポストで命拾い。我那覇・巻ともに決定機を決められてませんでしたね。。

 勝ち越しゴールは40分。マルコンのクロスに谷口が泥臭く飛び込んでゴール。ゴール裏はどこもかしこも大騒ぎでした(^^♪

 これでジェフとは昨年より2勝1敗1分。山岸がフロンターレとは相性がいいとか言ってましたが、4日後も倒して苦手意識を植え付けてやりたいですね☆

 撮ってきた写真を続きで載せておきます"^_^"

▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2006/08/30 23:26|フロンターレTB:0CM:2
 USOPENで引退を表明している浅越でしたが、残念ながら緒戦負けでした。。惜しいスコアでしたが、そこを勝ちに持っていけないところに実力の衰えを感じているのでしょう。。

 一生に一度くらいブラッシングメドウに行ってみたい。。

☆USOPENはランキングへ!!
2006/08/30 00:30|プロテニスTB:1CM:0
 若い頃(学生時代~社会人2年目くらい)の行いが悪かったんだなぁ。。とつくづく思う今日この頃です。。因果応報とは良く言ったものです。

 give&take。若い頃はtakeばかりで、giveが少なかったといまさら思います。giveが先に来ているように、takeはgiveの後なんですよね(ーー;)

 一生懸命応援して(give)、勝利をプレゼントしてもらう(take)。困った人を助けて(give)、困ったときには助けてもらう(take)。

 身をもってその大切さが分かった今日この頃。

☆ランキングはこちらから。。
2006/08/28 23:58|雑感TB:0CM:0
 USOPENでの引退を発表している二人の最後の戦いが始まります。どちらの選手も日本テニス界に大きな影響を与えてくれました。その二人の戦いを生で見ることは叶いませんが、二人が一試合でも多く戦えることを遠い日本から応援したいと思います☆

☆USOPEN情報はランキングへ!!

 ちなみに優勝予想は、フェデラーとシャラポワです"^_^"毎回これは変わらないなぁ。。
2006/08/27 23:30|プロテニスTB:1CM:0
 5-1で大宮に大勝。レッズも勝ってしまったため、上位陣との差は縮まりませんでしたが、一時の決定力不足が解消されつつあるのは明るい材料だと思います。オシムがいたのは気付かなかった^_^;

 大勝だっただけに、攻撃陣にスポットが当たるのは当然ですが、昨日一番輝いていたのは、相澤だったと思います。1-0時点での吉原との1vs1をきっちりと防ぎ、こちらより多かった大宮のシュート11本を不運な1点で抑えたわけですしね☆調子が上がってきたと見ます。

 熊谷の競技場は思ったより見やすかったです。駒場のような感じと言えば分かりやすいでしょうか。。大宮公園の修理の影響でのあそこだったので、二度と行くことはないかと思いますが。。

 さて、次節千葉戦@フクアリ。
 
 ジュニが無駄な遅延行為でイエローをもらったために、出場停止。ここ2戦でキレまくっているだけに、フロンターレにとっては痛いですね。FWは福岡戦以来の我那覇・黒津の2トップでしょうか。サブでテセ。マギヌンと2人のコンビネーションの習熟が勝敗を分けるかと思います。

 でも、今の勢いならフクアリからも笑って帰れるかな(笑)

h☆ランキングへ
2006/08/26 23:17|フロンターレTB:0CM:2
 USOPENの予選決勝に臨んだ波形、不田は敗れて予選突破はなりませんでした。。

 敗れた相手は共にロシア選手。いまや女子テニス王国となったロシア。シャラポワ、ディメンティエワ、ペトロワ、クズネッオワ、とトップ10に4人、続いてミスキナ、キリレンコなどなどトップ100にはなんと16人います。

 不田の相手は17番目のプレイヤー、ランキングは104位。波形と戦った相手は18番目のプレーヤーで133位です。

 ストローク全盛のこの時代。相手を押し込めるボールをどれだけ続けて打つことができるかが勝負になりますね。。

☆テニス情報はランキングで!!
2006/08/26 09:56|プロテニスTB:0CM:0
 来週から開幕する今年最後のグランドスラム、USOPENのドローが発表されました。

 tennis365.netによると、今大会で引退するアガシにとっては、厳しいドローになっていると解説されています。

☆ランキングもUSOPEN!!

 日本女子テニス界を引っ張ってきた浅越しのぶもこのUSOPENをもって引退表明をしております。

 先のW杯のジダンのように、負けたら引退と覚悟を決める二人の戦いを注目したいと思います。
2006/08/25 00:37|プロテニスTB:0CM:0
 4-2で4戦ぶりの勝利。勝ったことに満足できないのは、贅沢なことは分かっているけれど…。もっと点が取れた試合だったと思います。決定的なチャンスを外すのは改善されていないと思いました。終了間際のチャンスは決めて欲しかった。。

 あと、明らかに疲労のせいで戦わない選手がいました。後半、我々の目の前でその姿を見せていたので、多くのサポーターから怒声が上がっていました。サポーターが必死に戦っているのに、ピッチの中にいる選手が戦っていない。厳しいようですが、今後優勝争いをしていく上で大きな穴となってしまいかねません。実際、狙われていましたし。。

 勝負ですから、結果が出ないこともあります。でも、最良の結果を出すために最後まで死力を尽くして欲しい!こう思うのは贅沢なことでしょうか。。

☆ランキングへ
2006/08/24 00:06|フロンターレTB:0CM:2
0822ステーキ
目黒はリベラの1ポンドステーキです。徹夜明けだったので、少々早く上がれたこともあり、体力回復のために行ってきました。

 中に入るとプロレスラーと店主との写真が所狭しと並べられており、その場所は壁だけでなく、天井にもぎっしりと飾られていました。

 で、肝心のステーキですが。。

 デカイ!!うまい!!
  
 大きな肉=固いというイメージがありましたが、ここの肉はそれを払拭してくれました!!

 ステーキソースを使うよりも、塩・胡椒で食べるのが美味です。

 お近くに立ち寄られたら、ぜひ♪大食いの方には、チャレンジコースも用意されております(^^♪

☆低迷中のランキングへ。。

2006/08/22 21:47|食べ物TB:0CM:2
 前回ラケットを握ったのが7月29日。今日が8月22日ですので、ほぼ3週間に渡ってラケットを握っていません。社会人になっても、週1~2のペースでプレーをしてきたワタクシにとっては、初めての長期ブランクとなります。

 理由は試合が入っていないため。草トーに自ら申し込めば良いのでしょうが、一日の90%を室内で過ごしている現状では、外でテニスをすることによって体調が一気に崩れるほうが心配になります(^_^;)

 1ヶ月近くテニスをしていないと、カラダがテニスを忘れていそうですが、どうなのでしょう??

 ブランク明けのテニスが楽しみでもあり、不安でもあります。。

☆ランキングでこのブログはどこへ消えたのやら。。
2006/08/22 04:32|マイテニスTB:0CM:0
 ただいま新潟より帰国。これから出勤ですが、その前に一文。

 早実ナインおめでとう!!

 選手全員が最後の一球まで勝負を諦めない姿を見せてくれた駒大苫小牧のナインもお疲れ様でした。

 彼らの奮闘は多くの人々に勇気と感動を与えてくれたと思います。彼らの真摯な姿勢を見習って、テニスにサポートに仕事に頑張ろうと思いました!!

☆ランキングは低迷。
2006/08/21 15:24|野球TB:0CM:0
 今日も蒸し暑い足立区。既に30℃を超えている中、クーラーつけずに頑張ってます(*^_^*)

 今日は両親の里帰りについて新潟へ。今年の新潟戦は非常にタイミングのいいところに組んでくれたものです。

 昨年のビッグスワンでは、ピンチヒッター、アンデルソン・リマにやられました。新潟アウェーでは7連敗中とのこと。しかし、相手はリーグ戦4連敗中。ジンクスめいたものはないでしょう。

 4万人vs1千人。その比40:1ですが、試合終了後には1の歓喜の歓声が40のブーイングの声を上回っていると信じております☆

☆ランキングへ
2006/08/19 09:15|フロンターレTB:0CM:0
 ついこないだ開幕したと思った夏の甲子園も、気付けば準決勝。毎年甲子園の終わりを夏の終わりと重ねているワタクシは、かなり寂しい気持ちにもなります。。今年の夏は仕事で終わった…(笑)

 今大会の特徴は【打高投低】。ホームランは過去最多、4点差以上の逆転勝ちも何度もありました。

 野球の醍醐味を殺ぐと言われていますが、ワタクシは今年ほど面白い大会はないと思っております。【野球は9回2アウトから】を体現していますしね(^^♪最後のアウトを取るまで逆転があり得る。。明日の準決勝、あさっての決勝でも思いがけないドラマが起こる気がしてなりません☆

☆ランキングへ
2006/08/18 22:41|野球TB:0CM:0
ファンサカ0818
 Yahoo!で行われているファンタジーサッカー。興味本位で参加したのが、去年の秋。当時はルールを知らずに、控えの選手をたくさん選んでおりました(^_^;)
 ルールを知ってフロンターレの選手を厚くしたところ、後半戦の6連勝が効いたのか、ローカルリーグへ昇格。
 今年の前期もフロンターレ中心で組んでいたので、イースタンリーグまで昇格しております
 そして今週末の戦いから、後期がスタートです。画像は私のファンサカメンバー。蒼黒で占めてます(-ω-)/控えに田中達也ですが。。
 フロンターレの相手、新潟はホームで滅法強いだけに危険な賭けかもしれません。我那覇の代わりに達也を代える予定のほかは、このままで行こうと思っています。
 さて、この選択が吉と出るか凶と出るか。。。

☆ランキング応援お願いします(^^♪
 
2006/08/17 23:39|フロンターレTB:0CM:0
20060817221301
徹夜勤務前の至福な一時…。この休憩が終わると。。
ん!あと24時間頑張るぞ~ヽ(`△´)/

☆ランキングはこちらから!!
2006/08/17 22:13|食べ物TB:1CM:2
 ジャパンブルーのユニフォームは【決定力】を奪ってしまうのでしょうか…5試合で3得点の田中達也が外し、巻が外し、遠藤のゴールはオフサイド。。

 さて後半、どんな修正を入れるのか。。
2006/08/16 20:23|オシムジャパンTB:0CM:0
 下記はサッカー日本代表監督、オシムの会見です。

残念ながらサッカーとはそういうものではない。ピッチで指示を待ち続けていたら、試合には負けてしまう。私が何を言うか待っているような選手はいらない。サッカーは自分でプレーするスポーツである。対戦相手に「待ってくれ」と言ってタイムアウトを取って、監督の指示を仰いだり、ピンチヒッターやピンチランナーを投入して局面を変えるようなことはできないスポーツだ。だからサッカーは自分で判断しなければならない。私からはなるべく多くの情報を選手たちに与えている。選手たちはその情報を元に、プレーしながら考える。サッカーは非常にクリエーティブなスポーツである。だから、アイデアのない選手は、サッカーには向いていないのだと申し上げておきたい。

オシムが語っていることは、何もサッカーだけにあてはまることではないと思います。テニスでも同じことが言えると思います。団体戦を除いて、コート上では自分ひとり、もしくはパートナーと戦うしかありません。その団体戦といえども、アドバイスを与えられるのはコートチェンジのときのみです。

 1ポイント1ポイントの合間にしっかりと考えながらプレーをすることで、きっとテニスが変わってくると思います。

 これはサッカーやテニスだけでなく、仕事にも当てはまるんだろうなぁ。。とふと思うのですが。。

☆ランキングはこちらから!!
2006/08/16 01:47|マイテニスTB:0CM:0
 最近この歌詞が頭の中を駆け巡るのです。。

 「私にはスタートだったの あなたにはゴールでも」
 「短い夏の終わりを告げる パソの音しか聞こえない」 
by JAYWALK 【何も言えなくて…夏】(一部編詞


 恋愛の話ではなく、仕事の状況(-_-;)

 明日は36時間勤務。一晩空けて再び36時間勤務。それで週末を迎えます。さてさて、どんな状態で新潟入りするのか。。果たしてこの過酷な1週間を乗り切れるか??現在体調は「カイ食いが落ちて…」の状態。頭も痛い…。

 自分の限界に挑戦する1週間になりそうです。

☆ランキングはこちらから!!
2006/08/14 22:30|雑感TB:0CM:2
 アメリカで行われているJPモルガン・チェース・オープンで、第一シード・シャラポワが第三シード・ディメンティエワに敗れたそうです。それをロイターでは波乱と表現しております。

☆infoseek news テニス=JPモルガン・チェース・オープン、シャラポワ決勝進出ならず (ロイター)

[カーソン(米カリフォルニア州) 12日 ロイター] 女子テニスのJPモルガン・チェース・オープンは12日、当地でシングルス準決勝を行い、第1シードのマリア・シャラポワが第3シードのエレナ・デメンティエワ(ともにロシア)に5―7、2―6で敗れる波乱があった。

シード順はシャラポワが上でしょうが、波乱と書くほど実力差はないですよ。。なんでこんな文章になるんでしょうねぇ。。

☆シャラポワ情報はランキングで!!
2006/08/13 22:07|プロテニスTB:0CM:0
 チャンスを尽く潰しての引き分け。結果、2戦連続の引き分けで首位陥落して、3位で折り返し。残念ですが、後半戦は選手・サポが一体となってさらなる向上を目指したいものです。

 さて、今日の試合。開始早々不運なゴールで先制されましたが、すぐに同点にできる雰囲気を感じていました。現に、我那覇がW杯後初ゴールで同点に。ここからさらに突き放すと思ったのですが…。

☆ランキングでの反応は??

 後半はスタミナ切れか、ボールを追う気力がないと思えるプレーが続出(あくまでワタクシの視点ですので、ご了承下さいませ。。)中盤でボールを奪われて、攻められる展開。オフサイドに助けられての引き分け。ホント負けなくて良かった。。

 選手のコメントを見ると「内容は良かった」「問題はなかった」と書かれていましたが、正直ガッカリです。。暑い中、最後まで諦めずにボールを追えていなかったように思えたプレーを見せていたのに…。

 オシムがフロンターレの選手を選ばない理由、、それは走れないから!!と言われないか心配。。素人目でそう見えたのですから、サッカーのプロにはなおさらそう見えたかと思います…。。

 来週までにはきっと修正してくれるはず!!信じていますよ~☆
2006/08/12 23:47|フロンターレTB:0CM:0
 夏の風物詩と言えば、海より甲子園!!という方が多いのではないでしょうか??既に全試合数の半分が終わっており、明日で全高校が登場となります。

 甲子園には、プロ野球に飽き始めている人々を惹きつける魅力が溢れています。9回2アウト、自分の打った打球がアウトになると分かっていても最後の最後まで諦めずにファーストベースにスライディングをする姿は、本当に素晴らしいと思います。

 テニスは、相手のマッチポイントで1ポイントを取られない限り負けません。それなのに、マッチポイントで、いやマッチポイント前に諦める人が多いように思えます。

 高校球児の最後まで諦めない姿勢を取り入れることができたら、、大逆転勝ちを収めることができるかもしれません!(^^)!

☆ランキングでこのブログを探す。
2006/08/11 23:40|マイテニスTB:0CM:0
 背中の怪我で3月以来戦列を離れていたダベンポートが復帰しました。休養前は1位だったランキングも、いまや10位。USOPENまであと3週というところでの復帰戦。彼女にとっては勝敗は二の次で、どのようなテニスができるのかを確認する試合となりました。

 結果はストーサーにファイナル負け

。「(敗戦について)悔しいとも思わないわ。怪我からの復帰というのはとても長い道のりなの。試合結果についてもまるで気にしていないわ。今日は自分のテニスがどのくらいのレベルにあるかを確認したかっただけだから。」

下手に勝たないで良かったと彼女は思っているのでは??調整不足の復帰緒戦で勝てるようだと、調整のペースを上げることはなかったでしょう。本番で早々と敗れる姿よりは、この敗戦を活かして状態を上げてUSOPENに臨む姿を見たいものです!!

☆ランキングでもダベンポート。
2006/08/11 00:57|プロテニスTB:0CM:0
我那覇0809_01
 国立へ行ってきました!(^^)!目的は背番号9、我那覇和樹。

 新聞の予想では、3トップのスタメンとなっていましたが、アップを見る限り誰がスタメンだかさっぱり分かりませんでした。

 なんたって、アップがミニゲームですから(*^_^*)見ていて非常に楽しいアップでしたが、あれでは試合前に疲れる選手がいても不思議ありません。坪井が足つったのは、アップで激しい動きをしていたことに起因しているでしょうね。

 試合自体はそれほど面白いとは思えませんでした。フロンターレやジェフの試合のほうが、面白い。。それはメンバーのほとんどがレッズだったからかもしれません。山瀬も元レッズですしね。

 ☆ランキングでの反応は…??

 三都主の2点は見事でした。あのプレーがジーコ時代は影を潜めていましたが、周りが一新されたことで、のびのびプレーしていたように思えました。

 写真を時間ができたらアップしようと思っています!!
2006/08/09 23:49|フロンターレTB:0CM:0
 HDDレコーダーの中身を整理していたら、ウインブルドンの放送が出てきたので、整理は中断して、試合に見入ってしまいました。

 見ていて思ったことは、トッププロであっても、彼らは人間であるということ。順調にポイントを重ねていた選手が、一度のミスでガタガタと崩れ逆転負けを喫したり、逆にそれまでボロボロだった選手が、一本のスーパーショットで流れを掴んだり…。

 彼らの打つボールは一般プレーヤーでは真似ることは絶対にできません。でも、彼らが試合の主導権を握るためにどのようなことをやっているかは、大いに参考になるかと思っています。

 プレーよりも、プレー外に試合に勝つ秘訣は転がっているものです。

☆テニス情報はランキングが早いです!!
2006/08/06 22:59|プロテニスTB:0CM:0
 プロテニス界は、8月末のUSOPENに向けた前哨戦が行われています。

 女子はアメリカ、カリフォルニア州サンディエゴで行われているアキュラクラシック。現在ベスト4が出揃っています。クリステルス・バイディソバ・シュニーダー・シャラポワ。4人とも世界ランク20位以内。ここだけ見ると、そこまで波乱のあった大会ではないと言えます。

 アメリカは異常気象で連日40℃近くまで、気温が上昇しているとのこと。選手たちには無理をせずに、今年最後のグランドスラムに万全の状態に臨んで欲しいと思いますね(*^_^*)

☆プロテニス情報はランキングで!! 
2006/08/05 23:20|プロテニスTB:0CM:0
 スポーツナビに追加召集の記事が出ていました。

 ☆スポーツナビ 中村、坂田らを追加招集 サッカー日本代表

 このタイトルだけを見たとき、「ケンゴも追加召集されたかぁ~♪」と思いました。しかし、記事を見ると…。

日本サッカー協会は5日、オシム新監督が率いる日本代表の初戦となるキリン・チャレンジカップのトリニダード・トバゴ戦(9日・国立競技場)に臨む日本代表の追加メンバー5人を発表し、
MF中村直志(名古屋)、
FW坂田大輔(横浜M)らを選んだ。
 このほか鈴木啓太(浦和)山瀬功治(横浜M)の両MF、DF栗原勇蔵(横浜M)も招集され、全員が初選出となった。オシム監督は4日に代表メンバー13人を発表したばかりだった。

はぁぁぬか喜びでしたね。。

 マリノスのDF陣よりフロンターレのDF陣のほうが、安定していると思うのですが、オシムの前でのレッズ戦、、あれが印象悪かったんでしょうねぇ。。

 とりあえず、フロンターレから代表の道は遠いのは変わらないということですね。。

☆ランキングへ
2006/08/05 23:03|フロンターレTB:0CM:0
 オシムジャパン最初の代表発表。首位のフロンターレからは、FW我那覇が選出されました!!途中交代が続く我那覇ですが、オシムはきちんと見てくれていたんですね☆

 代表選出に伴い、明日のスパサカに生出演するそうです。

 それにしてもオシムの会見は面白いですね13名という少数精鋭。メンバーを見る限り、我那覇は先発当落線上にいます。寿人と達也が小さいだけに、ポストプレーのできる我那覇は先発の可能性は高いとも思いますけどね(*^_^*)

 9日、チケットが入手できたら、真っ青なユニフォームを着た我那覇を見に行こうと思います!!

☆ランキング降下中。。
2006/08/04 23:40|フロンターレTB:0CM:2

 アウグストが9月17日に等々力のピッチに戻って来る…アウグストコールをもう一度できるとは嬉しい限りです。さらに前夜祭まであるとのこと。17日は参戦確定ですが、前夜祭は迷うなぁ。。"^_^"

 相馬先生、ベティ、中西哲さん。。今から楽しみです☆1ヶ月なんてあっという間なんだろうなあ。。

☆ランキング応援お願いします!!
2006/08/04 01:43|フロンターレTB:1CM:0
 8月に入りましたが、これぞ夏!!という暑さがまだありませんよね。。今年は異常気象だと思います。アメリカはワシントンでは連日40℃を超える日々が続いているそうです。

 そんな中でも、USOPENに向けたハードコードシーズンは真っ盛り。気温40℃では、ハードコート上では50℃を超えていることでしょう。。

 その暑さ、とても想像できません…。。

☆テニス情報はランキングで!!
2006/08/04 01:36|プロテニスTB:0CM:0
 判定勝ちで世界王者になった亀田興毅。スポーツナビのリアルタイム速報を眺めている限りでは、負けそうな雰囲気を読み取れましたが、結果は判定勝ち。いろいろな記事を見ている限り、どうも出来レースの様相が浮かび上がります。

 ☆infoseek news 判定結果に周囲は戸惑い=WBAは父にプレゼント-ボクシング世界戦 (時事通信)

 日本プロボクシング協会の原田政彦会長は採点表を一見し、「きょうは何も話すことはない」とだけ言って足早に会場をあとにした。協栄ジムの金平桂一郎会長は「試合は想定していた中で最悪のケースになったが、亀田は根性と底力を見せた」と苦しい見解を示した。
 試合後の記者会見場には世界ボクシング協会(WBA)の立会人が足を運び、亀田のトレーナーを務める父親の史郎さんに「WBAのメンドーサ会長から特別のチャンピオンベルトを贈ります」と報道陣の前でプレゼントを手渡した。亀田の家族愛、父親と3兄弟の努力は素晴らしい。だが、中立であるべき世界の統括団体が事前にこのような準備をしていたこと自体、見識を疑われても仕方ない。

 裏でお金が動いていなければいいのですが…。ホームの地の利を活かせた勝利ですね。。

☆世界ランキングには程遠いヘ(^^ヘ)))。。。
2006/08/03 01:04|スポーツTB:0CM:0
Copyright(C) 2006 ちくみんぶろぐ ver.2 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。