ちくみんぶろぐ ver.2

Love Tennis & Love Frontale♪

ホーム 全記事一覧 << ACL組み合わせ決まる!! 亀田の涙 >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
※テニスラケットの選び方、過去記事は↓↓↓
①ラケットの選び方~初心者編~
②ラケットの選び方~フレームの厚さ~
③ラケットの選び方~グリップサイズ~
④ラケットの選び方~重さ~

 ほぼ自己満足と化しているテニスラケットの選び方シリーズも第5弾となります。

 今回はフレームバランスのお話です。フレームバランスには3種類あり、それぞれに特徴があります。続きに行く前にランキングを。。


 フレームバランスの3種類とは、トップヘビー・トップライト・イーブンバランスです。

■トップヘビー
 名前の通り、ラケットの先端に重さを感じるラケットで300g以下のラケットによく用いられているバランスです。エナンやブレークが使用しているWilsonのハンマーシリーズによく用いられています。
 前回の記述のとおり、ラケット重量の軽い物は、速くて重たいボールに対して打ち負けることが多々あります。しかし、トップに重さを持っていくとで、スウィングの遠心力が強く働くので打ち負けずにすみます。
 トンカチをイメージしていただけるといいです。手元は軽いですが、先端の重さを利用して釘を打ってますよね?
 ただボレーのようなとっさの動きに反応しにくくなるので、ストローカー向けのラケットです。
 
■トップライト
 これまた名前のとおり、先端が軽く感じるラケットです。逆を言えば、グリップ寄りに重さを感じるラケットです。手元に重さを感じるため、ラケットが扱いやすく、ボレーなどの瞬時の動きに対応し易くネットプレーヤーに適しています。
 重量のあるラケットは、実はトップライト気味に作られているラケットが多いです。ラケットの重さでボールを飛ばせるため、トップヘビーのような遠心力を生み出す必要がないというのがその理由です。

■イーブンバランス
 これも名前のとおりです。ラケットの中心部に重さを感じるラケットで、癖がありません。バランスを気にしたくないという方におススメします。

 ただ、一点注意が。同じ種類のラケットでも、微妙にラケットバランス・重さが違います。簡単に言うと、同じラケットは二本この世に存在しないと言うことです。

 これは製造過程での素材の誤差、エポキシ樹脂の具合などで、プラスマイナス10g程度の誤差は現状では避けられないためです。

☆この記事が参考になりましたら、ポチっとお願いします

⑥ラケットの選び方~スウィートスポット~へどうぞ。
スポンサーサイト
2006/12/21 18:03|マイテニスTB:0CM:2
コメント
お久しぶりです
ちくみんさん、どもです。

ラケット選びシリーズ、とても参考になります。私はまだ、自分のやりたいプレースタイルが固まっていないので、買い替えの時期(1年半後?)までにはある程度決めたいと思っています。

何となく、オールラウンダーになるのかなという感じはしていますが、まだ分かりません(笑)。ラケットの各仕様に関する説明の後に、タイプ別の選び方もご教授頂けたらと思います。

例えばフレームが薄いラケットって、大抵重かったりしますよね。そこら辺の、各パラメータの相関関係まで考えると、混乱してきてしまいますので(笑)。

ではでは、楽しみにしております。
赤ちょうちん #-|2006/12/22(金) 12:23 [ 編集 ]
了解しました!!
こんばんは。
リクエスト、嬉しい限りです☆

タイプ別の選び方ですね。了解いたしました。

楽しみにしていてください!!
ちくみん>赤ちょうちん #-|2006/12/22(金) 19:45 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yokotan.blog31.fc2.com/tb.php/775-6d68597a
Copyright(C) 2006 ちくみんぶろぐ ver.2 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。